増える多面評価制度

企業が人材を評価する方法には、さまざまな方法があります。
もっとも典型的なパターンと言えば、上司が部下を評価するという形がありますが、最近では偏りのない総合的な評価・判断を下すために、多面評価や360度評価などと呼ばれる評価方法を導入する企業が増えつつあるといいます。

多面評価とは、人材を評価する際に、上司など特定の人物が評価をくだすだけでなく、部下や同僚、後輩などからも評価をくだしてもらうという評価方法です。

多面評価制度の詳細は、企業によってさまざまですが、被評価者自らが数人の評価者を選ぶという場合もあれば、人事部などが評価者を選んで評価させるという場合もあるようです。

被評価者の周辺の何人かを評価者として選定し、評価を行ってもらうことで、偏りのない公正かつ客観的な人材の評価ができるというのが多面評価制度の一番のメリットですが、被評価者自らが評価者を選定する場合は、被評価者本人に都合が良い評価者ばかりを集めてしまうケースも見受けられますから注意が必要です。

 

多面評価の活用

多面評価をする場合の方法は、適性検査の性格診断などに使われるようなタイプの設問を、被評価者に対しての質問として評価者が回答するというのが一般的です。
また被評価者自身も設問に答える場合もあります。

このようにして集められた被評価者に関するデータは、ひとつの集計結果としてまとめられ、被評価者あるいは人事担当者の手に渡ります。

多面評価制度によって導き出された評価の取り扱いは企業によってさまざまですが、被評価者の目標設定などに生かされるほか、部門ごとの問題点などとして、メンバー全員で会社をよりよくしていくための話し合いに使われることもあるようです。

また企業によっては、社員の昇格・降格のための判定資料のひとつに使われることもあります。

これまで適性検査と言えば、就職時の採用面接などで企業が応募者に対して行うものばかりでしたが、多面評価となる適性検査の場合は職場内など限られた範囲の中でのより具体的な評価となります。