書類と面接だけで判断するのは難しい

企業が人材を募集する方法としては、新卒で初めて社会に出る人を雇う場合と、中途採用で既に社会経験のある人を雇う場合があります。

中途採用で募集するのであれば、書類からこれまでの職務経歴について分かるため、採用後に良い仕事をするかどうかイメージすることができるでしょう。
面接をしてみれば、実際に一緒に仕事をしている場面を想像することもできるかと思います。

どの程度の仕事なら難なくこなせて、どんな仕事が苦手なのかだいたい予想可能です。

しかし、新卒採用の場合には、職務経歴がないため、採用後どのように活躍してくれるのかイメージするのが難しいです。

内定を得られるように、面接の際に普段と違う自分を演じる人もいるでしょう。そのため、採用適性検査が実施されます。
採用適性検査を実施することで、個人の性格や資質を見極めるのに役立ちます。

書類に記載された情報と面接だけでは分からなかったことも、採用適性検査で判明することが多いです。

 

平均値との比較で判断できる

採用適性検査では、仕事をする上で必要な耐性が備わっているのかどうか判断できます。
仕事をする上では、上司や同僚とコミュニケーションを取ることが必須です。

また、難なくこなせる仕事だけでなく、かなり本気になって取り組まないと成し遂げられない仕事もあります。
繁忙期には普段よりも仕事の量が増えて、忙しい状況で業務を進めなければなりません。

こういったことに耐性がない人を採用する、すぐに辞められてしまいます。
採用適性検査を実施することで、平均値と比較することができて、極端に耐性の弱い人を見つけ出すことが可能です。

また、仕事に対する耐性の強い人であれば、現在の知識や能力が多少劣っていても、採用したいと考える経営者もいるでしょう。

そして、最近では新卒だけでなく中途採用においても、採用適性検査を実施する企業が増えています。

知識や能力だけでなく性格や資質などの面からも、即戦力になるかどうか判断することができます。