2つの適性検査

採用試験などで行われることが多い適性検査。新卒採用はもちろん、最近は中途採用でも適性検査を行う企業が増えているといいます。

適性検査には、大きく分けて2つの内容があり、一般的な学力を問う学力検査(能力検査)と呼ばれるものと、本人の性格を問う性格検査(資質検査、性格適性検査)がセットで行われることが多いようです。

学力検査は、一般常識のほかに、国語や算数の問題を解かせるものが多く、問題の難易度はそれほど高くはないのですが、ある程度試験慣れしておかないとスムーズに解くことは難しいかもしれません。

性格検査は面接ではつかみきれない本人の性格やタイプをみきわめるために行われる検査です。

就職試験で性格検査が行われる場合には、募集職種にその人の性格やタイプが適しているかを知る判断材料とされることが多いです。

ありのままを答える性格検査

就職試験の判断材料として性格検査が使われるということで、どうしてもその職種につきたい人などは、無理に求められる適性に合わせるような回答をしてしまうこともあるようです。

就職試験などで使われる性格検査は、さまざまな種類があるため、すべての問題を勉強するのは至難の業です。
また、ほとんどの性格検査が、似たような内容の問題を何度もくりかえし出してきます。

そのため、本来の自分自身とは違う、職種の適性に合わせた回答をしよう…と考えていると、すべての問題に回答するのにかなりの時間を要してしまいます。

また、似たような問題が出てきたときに、あれ、これはどう答えたんだっけ?と混乱してしまい、試験の前半と後半で異なる性格の診断結果が出てしまうこともあります。

ですから、適性検査の中の性格検査(資質検査・性格適性検査)に関しては、ヘタに自分を取り繕うことなく、ありのままの自分で回答することをオススメします。

たとえそれが、希望の職種の適性とは異なっていても、企業からしてみれば正直に素直に答えていることが好印象につながる可能性もありますし、本当に自分に合う職場・職種を見つけるための道しるべになっていくと考えられるからです。