就職試験と適性検査

就職試験や昇進試験などで利用される適性検査と呼ばれるテストがあります。

すでに社会人として活躍をされている人なら、一度くらいはこの「適性検査」と呼ばれるテストを受験したことがあるのではないでしょうか?

適性検査、という名称でなくとも、適性試験や適性検査試験、あるいは筆記試験やSPI試験などという名称で、同様のテストを受けたことがあるという人もいるはずです。

適性検査というのは、一般常識や国語・算数などの能力をはかるほか、受験者の性格や特徴などをはかることができるという試験です。

リクルート社が提供しているSPIと呼ばれる試験を使うことが多いのですが、最近ではSPI以外にもさまざまな種類の適性検査が登場し、企業によって、あるいは職種によってそれぞれ使い分けられることもあるようです。

 

適性検査の受け方

さて、このような適性検査の多くは、ペーパーテスト方式で行われます。

ペーパーテスト方式の適性検査の場合、回答は「はい・いいえ」か、マークシート形式で行われ、一部語句を記入したり、小論文のような文章を書かせることもあります。

ペーパーテスト方式の適性検査の場合、応募者は受検会場まで行って試験を受けます。

そのため、面接などと一緒に行われたりすることも多いです。
また最近はペーパーテスト方式ではなくWeb形式の適性検査を行う企業なども増えています。

Web形式の適性検査の場合、インターネットを使って自宅で受験ができる自宅受検型Webテストと、受検者が指定の受験会場まで出向いてインターネットを通じて受験をするテストセンターと呼ばれる形式のものがあります。

自宅受検型のWebテストの場合、企業側も受検者も場所や時間を選ばずに受験ができるという自由さがありますが、受検者本人以外が代理受験してしまったりするという問題も含んでいます。

テストセンタータイプの適性検査では、受検者の本人確認ができるのはもちろんですが、企業側にとっては採用試験をテストセンターという形でのアウトソーシングすることになりますから、自らの採用運営負担が減るというメリットがあります。