適性検査とは

ある程度の年齢になると、一度くらいは「適性検査」と名の付く検査を受けたことがあるでしょう。

適性検査は、学校に入学する際や進学する際、あるいは就職する際などに行われるテストのことで、主にペーパーテストの形式で行われることが多いです。

ただし最近はパソコンやインターネットの普及により、Webで試験が行われたりすることもあります。
さまざまな場面で行われる「適性検査」ですが、実はその内容は大きく分けて2つあります。

一つは能力検査とか学力検査と呼ばれるもので、その人がこれまでの経験の中で培ってきた能力・学力などを知るために行われます。

内容は試験によってさまざまですが、就職時の試験などでは一般常識や発想力、論理的思考力などを問われる能力を図るための問題が出題されることが多いです。

 

学力検査と性格検査

本来の能力検査であれば、もともと持っている能力を確かめるための検査ですから、入学試験や資格試験のように猛勉強をして高得点を目指す…という必要はないのですが、就職試験などの場合はたくさんの応募者をふるい分けするために行われることが多いです。

学力検査の問題は、それほど難しい問題ではないのですが、あらかじめ問題集などで勉強をした人と、そうでない人ではやはり解答のスピードや、正答率は変わってきます。

そのため、これは外せない!という場面での能力検査や学力検査であれば、問題集を使って得意・不得意分野の把握をし、しっかりとトレーニングをしておくことが必要になるでしょう。

また就職時などには適性検査のうち、能力検査とか学力検査と呼ばれるもののほかに、もう一つ「性格検査」と呼ばれる検査が加えられることも多いです。

性格検査とは、面接などではわかりづらいその人の性格を客観的に判断するために行うもので、募集職種に対する適性をはかるために行われます。
こちらは学力検査とは違ってもともとの性格を問うものなので、自分を偽って無理に回答してもあまり良いことはありません。